週末写真家のピンボケライフ

平日はサラリーマン、週末はアマチュア写真家。

スポンサーリンク

富士フイルムのアカデミーXで、藤里一郎氏の「‪ 自然光でポートレイト講座」を受けてきました

富士フイルムの写真講座が大改定され、新しく「アカデミーX」ができたのはつい最近のことです。

早速「自然光でポートレイト講座」に乗り込んできました。

会場はFUJIFILM Imaging Plaza。略してFIP。ショールームとギャラリーを兼ねた施設です。この春にオープンしたばかり。

FIPと呼ぶとツウらしいですよ。会場の写真は撮り忘れました。

講座概要

6月のギャラリーで写真展を開催する藤里一郎氏が講師を務める、少人数での撮影実践講座です。
さまざまな光を読み、活かしたポートレイトを実践。そして光のみならず、コミュニケーション術も伝授します。
https://imagingplaza.fujifilm.com/academyx/seminar/detail/6/

講師:写真家 藤里一郎氏

藤里一郎氏は主にポートレートを撮影されている写真家です。最近では月刊カメラマンの表紙を担当されています。6月はFIPで写真展を開催されています。

オフィシャルウェブサイト

Twitter

藤里氏に本記事を発見されました。ありがとうございました。


さてさて、講座の内容と撮影したものを簡単に紹介します。

座学

普段藤里氏は座学をあまりやらないそうですが、今回は30分程の座学。

撮影の心構え的なお話や、CLASSIC CHROMEがポートレートに向いているという話を伺いました。藤里氏オススメの通りにCLASSIC CHROMEをカスタムして、後半の実践に挑むことにしました。

ついでにXF35mmF1.4 Rがオススメとのことで、他のレンズは使わないことにしました。

実践

自然光でポートレートの講座ですから、当然外に出ます。場所は丸の内です。人の目が気になる・・・笑

他の参加者がおばあちゃんに「どなた?有名な方?」と訊ねられていました。不思議な光景ですもんね。

実践では、モデルの梨乃さん(‪@mana143x5 ‬)を8人で交代交代に撮ります。

パターン①自己紹介

モデルさんと同じベンチに腰掛け、自己紹介をしながら撮ります。与えられた時間は1分間でした。


f:id:dabcphoto:20180609164546j:plain

パターン②街灯を使う

光の向きを気にしながら、街灯に寄りかかるパターンと、抱きつくパターンを撮りましょう。与えられた時間は2分間でした。

最初は木を使おうとしましたが、アリがたくさん歩いていたので街灯に変更されました。

f:id:dabcphoto:20180609164859j:plain

f:id:dabcphoto:20180609164908j:plain

f:id:dabcphoto:20180609164917j:plain

人と同じの撮るのが嫌なので、ひょっこりして貰いました。笑

パターン③動きを出す

歩行者天国を歩いてもらって、写真に動きを出します。出てるかな・・?与えられた時間は3分間でした。

f:id:dabcphoto:20180609165053j:plain

f:id:dabcphoto:20180609165059j:plain

f:id:dabcphoto:20180609165117j:plain

f:id:dabcphoto:20180609165149j:plain

f:id:dabcphoto:20180609165159j:plain

f:id:dabcphoto:20180609165204j:plain

講評会

1人2枚を選んで前の大きなモニターに映し、藤里氏からコメントをいただきました。

私が選んだのは、この2枚。藤里氏のコメントを要約します。

f:id:dabcphoto:20180609164546j:plain
藤里氏:はにかんだ感じがすごく良い。梨乃ちゃんはよくこの角度になる。これ以上目を瞑ってしまうと、良くない。


f:id:dabcphoto:20180609164917j:plain
藤里氏:人と違うのを撮りたいという欲求はとても良いこと。(ちょっと明るすぎるかもという私のコメントに対して)明るさはこれでいい。白飛び警告が出ても、白いもんは白いんだから仕方ない。ただ、少し緑が被っているからWBシフトで撮影中に調整しよう。

おわりに

ポートレート撮影の第一線で活躍される藤里氏のもとで、実践的に学べると効率的かもしれませんね。勉強になりました。

ポートレートって難しいし、モデルさんをどうにか確保しないと練習もできません。

友人には「ガチ過ぎる」って嫌がられるので、色々なハードルを飛び越えないと厳しい・・・。何人か撮りましたが、いざ撮り始めるとけっこうお互いに楽めるんですけどね〜。

そして、今回は他の参加者(初心者詐欺)が撮影されたものが、とてもハイレベルで驚きました。

当然ですが皆さんのカメラはFUJIFILMでした。同じような色だったので、おそらく藤里流にCLASSIC CHROMEカスタムして撮影されていたんだと思います。

その色がとても良いんです。背面液晶ではなく、目の前のデカいモニターに表示するだけでも、写真の印象が変わりますが、どれもヤバいほどきれい

レタッチいらなくない?FUJIFILMすごくない?

それにしても、X-E3がジーコージーコーと照れてピントが合わない問題勃発したのは困った。かわいい女性を前にすると、緊張しちゃうんですかね。いつも海と猫ばっかりだもんね。。。

藤里氏の著書

X-E3を購入してしばらくして、藤里氏の著書「ポートレイトノススメ」を書店で見つけ、即購入しました。FUJIFILMのカメラで撮影されているポートレート教本で、勉強になる1冊です。オススメ。

ポートレイトノススメ

ポートレイトノススメ